2007年05月01日

ペリカン-Pelikan/スーベレーンM400万年筆

ドイツのペリカンは、1832年の創業当初は絵の具の生産をしていました。1929年から筆記具の製造を開始して以来、万年筆の大ブランドとして君臨するようになりました。その書き味は、どれも絶品。誰もが1本はペリカンを持ちたいと思う、憧れの逸品です。高級モデルから、普段使いまで幅広いラインナップを楽しみたいですね。




■「ペン・オブ・ザ・イヤー」のスーベレーン・シリーズ
1997年にドイツの万年筆専門誌の人気投票でM800緑縞が「ペン・オブ・ザ・イヤー」に選ばれました。そのM800を中心にバランスや太さ、仕様を替えあらゆる持ち手のニーズに応えるためにつくられたのがスーベレーン・シリーズです。

※一流のものにくれたい方は今すぐここをクリック


■M400万年筆ピストン吸入式
携帯に便利で、キャップをつけて筆記状態にするとバランスが良いという絶妙なサイズのベストセラーモデルです。スーベレーンの軸色のカラー展開の中心にもなっているサイズ。是非1本は所有しておきたいサイズだ。おわかり頂けますか?軸は半透明で、中にはピストン吸入の機構が見えます。注射器のようですね。

※一流のものにくれたい方は今すぐここをクリック

■伝統のペリカン母子像
1878年ペリカンは製品の品質を保証するため、当時ヨーロッパでも珍しかった商標を登録しました。そのモチーフとなったペリカンの母子像は、ヨーロッパでは古来より母子愛の象徴として表されています。またペリカンの母子像は1863年から経営に参加し近隣諸国への販売を拡大して言った、ギュンター・ワーグナー氏の家紋でもあります。

※一流のものにくれたい方は今すぐここをクリック
posted by 楽子 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | プレゼント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。